トピックス

[2015/04/24]

水位低下設備ゲート撤去完了
  先日の右岸澪筋(みおすじ)への転流にともない2年間の役割を完結した水位低下設備のゲートを撤去しました。

撤去前の全景

撤去後の全景

ゲート上部吊上げ状況

ゲート下部吊上げ状況
 

[2015/03/20]

右岸澪筋部への転流完了
  3月18日~19日に球磨川全域で総雨量80ミリ程の降雨があり、非洪水期では滅多に発生しない多量の洪水が発生しました。この影響で、河流は右岸澪筋部へ転流されました。

堤体部近影

右岸下流よりの全景
 

[2015/03/11]

堤体コンクリート撤去完了
  澪筋(みおすじ)部の堤体コンクリートの撤去を完了しました。
今後は澪筋部へ河川を転流するための掘削工事、仮設備の撤去工事を進めてゆきます。

堤体最上流部コンクリート撤去完了
埋戻し状況
 

[2015/02/20]

満開の梅
  ご近所の梅が満開になりました。
現場では水面下4mで行っている澪筋部撤去工事が最終段階に入ってきました。

満開の梅

青空に映えます
 

[2014/11/24]

“八代妙見祭”開催
  江戸時代前期から開催され、国の重要無形文化財に指定されている八代神社の秋季例大祭が17万人余の見守る中開催されました。
“くまもん”も駆けつけて、大いに盛り上がりました。

お祓いに並ぶ行列

勢揃いした“笠鉾”

“くまもん”も参加

亀蛇(ギダ)に追いかけられる
“くまもん”
 

[2014/11/10]

地元行事に協賛・支援
  11月9日(日)に開催された“坂本ふるさとまつり”に協賛するとともに、“さかもとふるさとウオーク”のコース途中となった荒瀬ダム右岸部で展望台の開設と現場紹介・説明、現場トイレの開放等を行いました。
これからも地元と一体感を保って施工に邁進します。

2014坂本まつりポスター
(クリックするとPDFで表示されます)

ポスター事務所掲示

展望台開設

現場トイレ開放
 

[2014/9/5]

荒瀬ダム珍百景?(水面は水平ではないの??)
  ダムの越流部(クレスト)は水平に造られていますが、右岸側のみ越流して、左岸側は水が流れていません。
荒瀬ダムが造られた場所では川が左にカーブしていますので、流れの遠心力で右岸側の水位が高くなっているため、このような現象が見られます。

下流全景

越流部(クレスト)全景
 

[2014/8/20]

門柱上部の撤去工事を再開
  足場も完成し、8月18日からP1・P5の門柱上部の撤去工事を開始しました。
写真の手前側(国道側)がP1です。

堤体全景(事務所より)

国道より堤体を望む
 

[2014/4/25]

洪水吐ゲートの撤去再開
  4月14日より残りの洪水吐ゲート3門(№1~№3)の撤去を開始しました。
5月末までには撤去を完了させる予定です。

上流より全景

No.1~No.3ゲート粗切状況近影
 

[2014/3/26]

桜が満開
  荒瀬では3月17日に開花していた桜が満開となりました。

事務所窓より

左岸より

事務所駐車場の桜
 

[2014/3/14]

今年もSL運行開始
  肥薩線の熊本・人吉の間で3月15日からSLの運行が再開されます。
この準備で3月10日に試験運転が行われました。
添付の写真は、この時に荒瀬ダム近隣で撮影した映像です。
SLは3月15日~11月24日まで運行される予定ですが、詳細はJR九州のホームページ等で確認してください。

坂本駅に停車中のSL

疾走中のSL
 

[2014/3/10]

本年度の発破作業が完了
  3月10日の発破で本年度の発破作業を完了いたしました。
1月27日の試験発破以来10回の発破作業に伴い県道中津道八代線では都度交通規制をさせていただきましたが、 皆様のご理解とご協力を得て、無事完了することができました。
これまでの皆様のご支援に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

発破倒壊後のP7とP8

門柱P7P8撤去完了状況
 

[2014/2/19]

洪水吐ゲート撤去完了
  洪水吐ゲート№4・№5の撤去が完了し、今年度分4門の撤去が完了しました。
残りの3門は来年度に撤去する予定です。

上流より全景

左岸河床より全景

№4ゲート撤去中

№4・№5ゲート撤去完了
 

[2014/1/10]

管理橋3径間撤去完了
  右岸側の管理橋3径間の撤去が完了しました。
その下部で造成している施工ヤードが完了するといよいよ門柱下部2基の撤去に着手します。

上流より全景

上流より近影

右岸下流より
 

[2013/12/05]

最右岸の管理橋撤去完了
  右岸部門柱上部3門に引き続き、管理橋の撤去を進めています。
県道側の管理橋一径間の撤去が完了しました。

最後の主桁吊り出し

上流より

下流より
 

[2013/10/22]

球磨川の源流を訪ねて
  球磨川は、幹線流路延長;115㎞、流域面積;1,880㎞2もある
熊本県南部を貫流する日本三大急流の一つです。
  今回は、宮崎県境に発している源付近の情報をお伝えします。
  なお、当荒瀬ダムは、球磨川の河口から19.9km上流にあります。

水源地付近の流れ

白滝の下流に架かる白滝妃橋

白滝妃橋全景

右岸橋名塔

橋中央から望む白滝(水源地付近の名勝)
 

[2013/10/10]

秋の色づく現場周辺
  彼岸も過ぎ、現場の周りは秋の気配が漂ってきました。ご近所の庭や囲い、事務所の周りにもいろいろな花が咲いています。
 

[2013/08/22]

韓国の大学生が視察
  ”川づくり・海づくり日韓大学生交流会”の一環として、韓国の8大学から参加した19名の学生・役員の方々が8月21日AMに荒瀬ダムを訪れました。 猛暑の中ではありましたが、身近に視察して熱心な質疑応答がなされました。
 

[2013/08/09]

洪水吐ゲートの撤去を再開しました
  最右岸部の門柱の撤去に引き続き、洪水吐ゲート№7・№6の撤去を開始しました。
 

[2013/08/08]

コメント更新
  作業所開設1周年となり、作業所メンバーのコメントを更新しました。
くわしくはこちら
 

[2013/07/02]

“鱗紋”現る
  ダムの越流部(洪水が流れるところ)は曲線になっています。
ここを、洪水が流れ始める場合や洪水がなくなる場合等、流量が少いと、魚の鱗のような模様が出現します。今回の雨で比較的大きな洪水が流下しましたが、今朝方には大分流量が少なくなり、写真のような鱗紋が現われました。

鱗紋(左岸側の洪水吐)

放流工出口の鱗紋
 

[2013/06/17]

水位低下ゲート全開
  6月10日から徐々に上昇させてきた水位低下ゲートが全開となりました。 放流工の上流側から下流側を見ることが出来ます。
 

[2013/06/13]

上流の水位低下を開始
  6月10日12:00より水位低下ゲートを開き、新たにダム底部に設けたトンネルから放流を開始しました。 6月12日にはクレスト(堤体越流部)からの流れも完全に止まり、放流工からのみ流下しています。
 

[2013/06/03]

  これまで公開してきた左岸上流よりのライブ映像に加えて、 平成24年6月3日より左右岸下流からのライブ映像もお届けします。 閲覧方法はこれまでと同様です。
※ カメラ映像はこちらからご覧ください。
※ 流れる方向を向いて右の岸が右岸、左の岸が左岸です。

左岸下流カメラの様子

右岸下流カメラの様子
 

[2013/06/03]

カラスの行水
  荒瀬ダムの貯水池は水鳥の憩いの場となっていますが、 カラスも行水を楽しみに来ております。結構、長い時間丁寧に水浴びをしています。
 

[2013/05/28]

水位低下設備放流工の掘削完了
  先日お知らせいたしました水位低下設備ゲートの据付完了・作動確認の後、 残りの堤体コンクリートを掘削・整形し、水位低下設備一門が完成しました。
下流坑口より上流を望む

締切工および水位低下ゲート(正面)

上流ゲート部より下流を望む
 

[2013/05/23]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます7
  本日、発注者立会いのもと、ロ-ラゲ-トの作動確認を行いました。 完成間近ですが、最後まで気を抜かずに安全作業で頑張ります。
 

[2013/05/13]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます6
  本日、発注者立会いのもと、ロ-ラゲ-ト内部の水密確認を実施しました。
 

[2013/05/10]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます5
  雨が降る中、ゲートの吊り込みを無事完了しました。 今後は、水密試験の実施後、排水管の設置・シーブ類の取り付けワイヤーリング・開閉機を設置して電気工事を行い、試運転を行います。
 

[2013/05/08]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます4
  ゲートの搬入・仮組み立てを実施しました。 いよいよ5月10日に、ゲートの吊り込みを行います。
 

[2013/04/30]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます3
  上流・中間部の戸当り部材を吊り卸しました。 今後は、いよいよゲートを搬入・組立・設置します。
 

[2013/04/26]

つつじ越しの荒瀬ダムです!
  荒瀬ダム企業体事務所の敷地内にあるつつじが満開です。
 

[2013/04/24]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます2
  中間部の戸当り部材を搬入いたしました。
今後は溶接固定を行い、戸当り部完了後いよいよゲートを搬入・組立・設置します。
 

[2013/04/13]

水位低下設備ゲートの据付が進んでいます
  最下流部の戸当り部材が水中の設置場所に下ろされ、固定されました。
今後順次、中間部、上流部と搬入設置し、戸当り部完了後いよいよゲートを搬入・組立・設置します。
大型のチェーンブロックで水中へ下ろされてゆくゲート4コマ
 

[2013/03/31]

三次元測量を行いました
  FONドリル工法による掘削精度の確認をして今後の技術開発の資料とするため、三次元測量を実施いたしました。
 

[2013/03/29]

第1回 出来形検査
  3月29日に、第1回出来形検査を受検いたしました。
 

[2013/03/23]

構台・桟橋が完成しました。
 

[2013/03/19]

現場に春がやってきました!
  荒瀬ダム周辺の桜が今週末に満開を向かえそうです。 3/16から機関車も営業運転を開始し、荒瀬ダムを訪れる一般の方々も増えてきました。
 

[2013/03/11]

現場で追悼
  東日本大震災から丸2年が経過した3月11日午後2時46分、現場の全作業を止めて、 職員・作業員一同、あらためて哀悼の意を表し、1分間の黙祷を行いました。 犠牲になられた皆様のご冥福と一秒でも早い復興を全員で祈念しました。
 

[2013/03/05]

  荒瀬ダム近傍の民家では、梅の花が満開となりました。
また、八代市の南隣の芦北町御立岬(おたちみさき)では“河津桜(伊豆半島で有名)”が満開になっております。

満開の梅の花
満開の河津桜
 

[2013/02/24]

現場見学会を実施いたしました
  荒瀬ダム本体撤去工事への理解を深めていただくため、一般の方を対象とした見学会を実施しました。
  当日は、天気も良く150名の方々が見学会に参加されました。 参加された方々は、下流締切から見たFONドリル工法による放流工掘削状況と 環境に配慮した濁水処理設備に興味を示されたようです。
  スケールの大きさに、皆様驚かれていました!
 

[2013/01/28]

放流工掘削工事を開始しました
  いよいよ、トンネルの出口部を大型ブレーカにより撤去する作業を開始しました。
 

[2013/01/26]

濁水処理設備の稼動を開始しました
  2013年1月28日より放流工掘削工事を開始いたします。工事用排水の発生に対応すべく、濁水処理設備運転を開始いたします。
 

[2013/01/15]

熊本県「平成24年 県政10大ニュース」に・・・
  平成24年12月28日に熊本県広報課より「平成24年 県政10大ニュース」が公表され、「荒瀬ダム本体等撤去工事の開始」が選ばれました。 作業所職員・作業員一同、気持ちを新たに、これまで以上に精励して、安全に工事を進めてゆきます。ご支援よろしくお願いします。
  (詳細はこちら: 【熊本県2012県政十大ニュース】
PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。
プラグインをお持ちでない方は下のバナーよりダウンロードしてください。
 

[2012/12/03]

『荒瀬ダム情報展』を開催中
  八代市坂本支所が、『荒瀬ダム情報展』を平成24年11月21日から国道219号線沿いの“道の駅さかもと”内にある “広域交流センターさかもと館地域情報展示室”で開催しています。
開館時間は10:00~17:30で入場無料です。
球磨川や工事に関するパネル展示の他に、建設当時の映像や当HPの工事中の映像等いろいろな情報が提供されています。
館内の食堂では、新たにメニューに加わった“荒瀬ダムカレー”も楽しめます。
 
朝霧漂う荒瀬ダム
  日の出前の風景です。“今日は快晴間違いなし”という朝に見られます。
 

[2012/11/25]

  黄色に色づく銀杏越しの荒瀬ダムです。
快晴の日に撮影してみました。真っ青な空と黄色の絨毯のような銀杏の落ち葉の間に、荒瀬ダムが顔を出しています。
 

[2012/11/11]

  「第26回 坂本ふるさとまつり」 に行きました。
当日は、あいにくの空模様でしたがたくさんの方々がいらっしゃいました。
美味しい塩ちゃんこやうどんをいただき、おなかいっぱいになりました!
 

[2012/11/08]

  水位低下設備ゲートの仮組検査を実施しました。
本年度の主たる工事となる水位低下設備のゲートの戸当り部分が完成し、工場で仮組検査が行われました。 この状況は、報道関係者にも公開され、TV6社、新聞5社が取材に来られ、その日の夕方のニュース番組、翌日の新聞等でこの状況が紹介されました。

【戸当り】
  水位低下設備のゲートをダムの上流面に取り付ける金物
※今回受検したのは、高さ5.4m、幅6.4m、奥行き2.1m、重さ30tの戸当り2門です
【仮組検査】
  工場で現地で据え付ける時と同じように組み立てて、設計書どおりに出来ているか確認する検査
 

[2012/11/01]

  汚濁防止膜を設置いたしました。
河川内作業の開始にさきがけ、ダムサイトの上下流に汚濁防止膜を設置いたしました。

汚濁防止膜 着工前(下流)

汚濁防止膜 着工前(上流)

汚濁防止膜 設置完了(下流)

汚濁防止膜 設置完了(上流)
 

[2012/10/30]

  8号ゲートの撤去が無事完了いたしました。

着工前

着工前

着工後

着工後
 

[2012/10/25]

  湛水面上からみたゲート撤去状況です。
もうすぐ撤去完了します。
 

[2012/10/22]

??  春秋の一日の寒暖の差が大きくなる季節には、川面より霧が立ち昇り、写真のような幻想的な風景が現れます。
大河川に接する山間部で、多く発生する現象です。このような日は快晴となり、日中の温度はグングン上昇して日外気温格差は10℃以上となります。

朝霧の球磨川
(荒瀬ダムより下流を望む)
 

[2012/10/18]

  洪水吐8号ゲートの撤去が順調に進んでいます。面積的には60%程完了しました。
 

[2012/10/15]

??   荒瀬ダムの近くを機関車が走っています!
トンネルに入る前に「ポッポー」となる汽笛は、作業職員を元気付けてくれます。
写真は、JV事務所から撮影したものです。
 

[2012/10/08]

  55tテレスコピッククローラクレーンを搬入いたしました。
 

[2012/10/08]

  8号ゲートの撤去が本格的になります。
ゲート撤去用のクローラクレーンが配置され、いよいよ本格的に8号ゲートの撤去を開始します。
 

[2012/10/01]

  「広報やつしろ」に当現場が掲載されました。
 

[2012/09/28]

  3次元測量および深浅測量を行いました。
レーザスキャナによる3次元測量と、GPS・ソナー搭載自律走行無人ボートにより、水面下の測量を行いました。
 

[2012/09/21]

  管理橋拡幅工事および左岸下流補強土壁工事が完成しました。
管理橋の幅を4m→5mに拡幅したことで撤去工事等に使用するクレーンの作業ヤードが確保されました。 また、左岸下流を盛土したことにより、大型車両の管理橋への進入を容易にし、濁水処理設備等の仮設ヤードを確保できました。

管理橋拡幅工事 着工前
(左岸より望む)

管理橋拡幅工事 施工完了
(左岸より望む)

管理橋拡幅工事 着工前
(左岸を望む)

管理橋拡幅工事 施工完了
(左岸を望む)

左岸下流補強土壁工 着工前

左岸下流補強土壁工 施工完了

左岸下流補強土壁 施工完了
 

[2012/09/01]

  管理橋を閉鎖しました。
午前8時から管理橋の全面通行止めを行い、現地での工事を着工致しました。
 

[2012/08/29]

  ロードクリーンボランティアに参加しました。
「道路ふれあい月間(8/1~8/31)」において、道路一斉清掃を行いました。
 

[2012/08/28(大安)]

  台風の影響が懸念されましたが、荒瀬ダム本体等撤去工事の着工安全祈願祭を滞りなく執り行うことができました。
  工事は日本三大急流球磨川の中での施工であり、施工が進むにつれて洪水の危険度が増加します。 さらに、工事区域は住居地域、国道、県道およびJRに隣接しております。また、球磨川は自然豊かな流れであります。 これらへの工事施工に伴う安全・環境面での影響は最小限にする必要があります。
  企業体はこれらの課題に対して、作業所のみならず、 各社の持てる力量をフルに発揮して全社の総合力を傾注して本工事に取組んでまいります。
  工事期間は6年間の長きに渡りますが、企業体として地元に密着し、気を緩めることなく着実に工事を施工して参ります。 熊本県企業局の皆様をはじめ関係諸官庁の皆様、地元の皆様には、今後も格段のご支援ご教示をいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

安全祈願祭式典会場

安全祈願祭状況

宮地所長による玉串拝礼

倉谷九州支店長挨拶
 

[2012/07/24]

  現場事務所・宿舎が完成しました。
荒瀬ダム左岸の熊本県企業局旧官舎用地に現場事務所・宿舎(4K×9K×2F)が完成しました。
  7月24日から荷を入れ始めて、8月1日よりここに住み込んで業務を行って参ります。 現場を直下に一望でき、工事に専念できる環境が整いました。9月からの準備工事の着手に向けて、職員一同気持ちを新たに取り組んで参ります。

豆知識:
『流れ下る方向を向いて』右の岸が右岸、左の岸が左岸

事務所近影全景
上流側アクセス道より

ダム左岸国道より

ダム右岸下流県道より
 

[2012/07/06]

  工事説明会を開催しました。
19:00~21:00坂本公民館(八代市坂本町)において、工事説明会を開催しました。 発注者の企業局からは、古里次長、福原工務課長、平田荒瀬ダム撤去準備室長、堀内審議員、山内主幹他、工務課の皆さんが、 企業体からは、桑本総合所長、宮地現場代理人兼監理技術者、生嶋主任技術者、本多工事課長が出席しました。
  生憎の雨模様の中でしたが、50余名の地元の方々と多くの報道関係の皆さんが参加されて熱心に質疑が行われました。
 今回ご意見・ご指摘いただいた事柄を深耕し、その内容に応じて施工管理に反映させつつ、安全で、 高環境な施工を推進してゆこうと職員一同再確認しました。

古里企業局次長開会挨拶の様子

報道席と企業体の様子

会場全景
 
©2010 熊本県くまモン#5363