事業概要

荒瀬ダムは、球磨川の河口から19.9㎞に位置し、球磨川総合開発計画の一環として昭和29年12月に竣工した 発電専用の可動堰付き重力式コンクリートダムです。 平成22年3月31日水利使用許可期間満了に伴って発電を停止し、河川内工作物である荒瀬ダム、 取水施設及び放水路の撤去を行なうことになりました。

荒瀬ダムの諸元
一般    
    ダム位置(左岸) 熊本県八代市坂本町大字荒瀬字家ノ上  
    ダム位置(右岸) 熊本県八代市坂本町大字葉木字大門山  
堤体      
    型式 可動堰付き重力式越流型コンクリートダム    
    堤高 25.0m    
    堤頂長 210.8m    
    堤体積 47,174m3    
貯水池の規模      
    総貯水容量 10,137,000m3    
    湛水面積 1,226,030m2    
建設費 394,100,000円(建設当時)    

藤本発電所の諸元
  最大使用水量 134m3
 
  最大出力 18,200kW  
  発電方式 ダム水路式  
  年間供給電力 約74,667,000kWH
(一般家庭21,600世帯の年間使用量)
 
  建設費 2,520,000,000円(建設当時)  
撤去範囲と平面図 (※図をクリックすると拡大表示されます。)
  ダム撤去範囲  
  撤去完了  
   
横断図
平面図
 
  全体平面図  

©2010 熊本県くまモン#5363